リスティング広告運用代行サービス

当社のリスティング運用代行費用は固定設定です。

運用代行費用を固定にする理由

リスティング広告運用代行会社の多くは運用代行費用を、月々の広告費用×20%に設定しています。

当社運用代行費用を一定に設定しています。この背景には、一般的な料金設定には問題点(リスク)が存在することが関係しています。

 

他社のリスティング広告運用代行料金体系に潜むリスク

1.広告の運用額の増加に伴い、運用代行費用も比例して増加する

「結果を出すために、もっと広告費を出しましょう」「広告費は最低〇〇円必要です」

こういった料金体系では、広告費を使えば使うほど運用代行費もかさみます。広告費が10万円なら運用代行費用は2万円、100万円なら運用代行費は20万円。このコストがこの運用代行費がお客様の採算に悪影響を与えてしまいます。

2.運用代行費用(リスティング代行業者の利益)確保が、広告費のムダ使いにつながる招く

リスティング運用代行業者は、運用代行日を得るために本来お客様には必要のない広告を出させるために、無駄なキーワード登録を行ったり、必要以上に高い入札価格を設定することで本来使わなくていいはずの広告費用を消化させている事例が多く見られます。

当社は、運用するお客様の利益確保を最優先して、運用代行サービスを提供しております。価格体系も無駄のない高効率のサービスを徹底しているので、他社よりお値ごろな価格体系でのご提供を心掛けております。

 

メニュー・価格表

Google・Yahoo!両方に出稿しても手数料は変わりません

月額広告費が150万円までの場合 価格は全て消費税別です

区分

広告費実費
(Yahoo!,Google
への支払い合計)

運用手数料

初期費用

区分A

0 〜 20万円

¥28,000

0円

区分B

20 〜 40万円

¥48,000

区分C

40 〜 70万円

¥88,000

区分D

70 〜 150万円

¥150,000

 

リスティング代行費用を固定にできる理由

理由1.運用の工数を限りなく少なくできるから

リスティング広告の専門家だから、運用にかける工数を限りなく少なくしています。

理由2.お客様の費用対効果の最大化に集中できるから

一定金額の仕組みの中で効果を最大限にすればよいので、お客様に本来必要のないキーワード追加や単価アップ設定など、運用会社の利益確保に必要な作業はございません。