OODAループとは

OODAループとは、アメリカの軍事戦略家ジョン・ボイド氏が発明した、全貌がが見通せない不確定な先の読めない状況で成果を出すことを目指す意思決定手法です。ここでは、OODAループをできるだけわかりやすくご説明します。

OODAループとは

OODAループは、アメリカ合衆国の戦術家でもあったあるジョン・ボイド氏が開発した意思決定方法です。特徴「行動に移す速さ」です。戦局の全貌が見渡せない状況下であってもも迅速に意思決定を下し、行動に移す。この意思決定方法を、引退後にまとめあげたのがOODAループです。

OODAループは4つのステップに分かれています。

「観察(Observe)」

「仮説構築(Orient)」

「意思決定(Decide)」

「実行(Act)」

です。「OODA」は、このステップのイニシャルから名付けられています。

OODAループはWHAT?に基づく

OODAループは、迅速な意思決定をするためのフレームワークです。ジョン・ボイド自身が身を置いていた戦場では、状況は不明確で常に変化していく状況ですが、その中で現状にあるものから最善の判断を下し、即座に行動を起こすことを目的としているので、決まりきった業務をこなす生産管理システムには向かず、経営戦略や新規事業などの業務に向いています。この時に特徴的なことは「How」といった方法論ではなく「What」「Where」といった事象に目を向けることが重要で、これが迅速な意思決定に向いているとされています。

 

観察(Observe)

OODAループの第1ステップである「Observe」は、「情報収集」のことを意味します。の方が適切な訳かもしれません。このステップで自身の置かれている状況、競合のの行動や置かれている状況、環境、市場の動向、といった事実を幅広く収集することです。

 

 

仮説構築(Orient)

第2ステップであるOrientは仮説構築です。ループの中で最も重要なステップだと言われています。このステップで行うのは、自己の持つバックグラウンドなどの情報と、第一ステップで得られた情報を統合して分析し、仮説を構築することです。この仮説次第で最終的に行う行動、パフォーマンスが大きく変わるので、とても重要なステップです。この時の重要なポイントは「「以前の判断の誤りや他者の判断の誤りに気付くこと」だといわれています。何回も仮説構築を繰り返していくと、過去の仮説構築段階での判断の誤りに気付き、新たな仮説を基に次の行動を起こしていくことが前提となってます。

 

意思決定(Decide)とは

第3のステップは、最終段階であるACT(A実行)に向けて何をするDecide(意思決定)です。前ステップの仮説だけでは方向性しか決まっていないため、効果的に意思決定をするためのプロセスを3段階に分けて紹介します。

どうなりたいか?

考えられる選択肢をリストアップする

一番効果的と思えるものを仮説に基づき選択する

これにより円滑な意思決定ができます。

 

実行(Act)とは

 

最終ステップはAct(実行)です。前のステップで決めた行動を実践します。

特徴的なことは、このステップが終わったらすぐに、次のループに移ることです。1回転目のOODAループを終え、次のOODAループを始めるにあたって大切なことは、そのつどの結果に一喜一憂しないことです。結果収集は次のOODAループを回すための単なる情報だと捉えて、サイクルを回すことがポイントです。

 

まとめ

OODAループについて説明してきました。OODAループは、環境の変化が変化が激しく先の読めない現代において重要なツールです。この記事を参考に、OODAループの1回転目を回してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です