テレワーク導入コンサルティング

こんな企業様にお勧めです。

 

  • テレワーク自体が初めてでどうやったらいいか全くわからない。
  • リモートワークを始めてみたが、従業員同士の情報共有がうまくいかない。
  • オンライン会議システムなど、テレワーク用のツールを導入したけれどうまく使えない。

当社では、お客様にフィットした方法で稼働するできるようにテレワーク導入担当者様ををサポートし、テレワークでの業務を円滑に行う上でのノウハウをお伝え致します。

 

そもそも「テレワーク」ってなに?

 

テレワーク(telework)とは、新しい勤労形態の一種です。IT技術を活用して場所、時間の制約なし柔軟に働く形態をいいます。

 

こんなお悩みはございませんか?

コロナ禍のため、在宅勤務を始めたけれど、生産性が低下してしまうのではないか?

 

導入次第で、生産性を向上させることはできます。また、これまで使ってきたオフィスも使用するあエリアを絞ることができれば、オフィス賃料、光熱費といった固定費も削減することができます。

 

当社が提案するテレワークの形

 

毎日の業務のアウトプットの報告


  • 業務時間ではなく、「何をアプトプットしたか」をマネジメントする。
  • お子様のいる従業員は送り迎え、家事サポートを考慮して、勤務時間は柔軟にする。

 

業務を円滑に進めるための環境構築


  • 仕事に必要な資料にいつでもアクセスできる
  • 必要に応じて一緒に働くチームメンバーとにコンタクトがすぐとれる。
  • 上司の承認、フィードバックをもらわないと次の仕事にすすめないという状態をなくす。
  • 書類にハンコの文化をなくす

 

 

要件定義

既存オフィスでの業務をそのままテレワークに移行

  • 現在の業務の質を落とさない
  • 余計なコストをかけない

 

目指すゴール

オフィスワークとテレワークが併存しても組織が機能する管理体制を構築

 

当社が提案するテレワークの理念

・業務時間ではなく、アウトプットの質を評価基準にする。


何時間働いたかでなく、何をアプトプットしたか対して評価をする。
→ アウトプットのクオリティの評価、円滑な業務の遂行にのみマネージャーは注力する。

 

テレワークへの移行の中で、毎日の業務報告や日報から生産性を分析し、効率的な業務方法へ改善していく。

 

コンサルティングサービス導入の流れ

現在の業務分析

  • テレワークで業務がすぐ開始できるもの
  • 準備が必要な業務
  • オフィスでしかできない業務に仕分けます

テレワークで業務が開始できるものから着手

  • 業務割振、連絡方法、データ管理方法の決定
  • 業務報告とアウトプット提出方法決定
準備が必要な業務のスケジュール
  • レワークへの移行計画と要件の定義洗い出し
  • SIPOC,VSMによる業務分析

コミュニケーション体制の構築

  • 必要に応じたミーティング開催体制の確
  • 定期ミーティング方法の確立
 

 

料金

導入コンサルティング
※ テレワーク業務10人までの場合

20万円/月(税別、12ヶ月契約)

 

ツールのご紹介

当社は株式会社mycrew様のオンラインサービス「mycrew」をお客様にご提案しております。