リードナーチャリング

見込み客に対する継続的なコミュニケーションを通して新製品・新サービスを啓蒙・育成し、 ニーズ顕在化の土壌を育成し、顕在化したタイミングで営業につなげます。

導入効果

営業リソースをかけずに見込み客を育成し、案件発生のタイミングで営業がフォローします。

これまでニーズが顕在化するタイミングが把握できず、商談と商談のリードタイムが長くなり、そのうち放置されてしまい、せっかくの準備を無駄にしない「案件育成と絞り込み」の仕組みをご提供します。

社内にリードナーチャチングの仕組みを導入持つことで、マーケティング活動が営業活動とリンクし売上に繋がるマーケティングへと変わります。

特徴1

自社の製品・サービスと営業組織に合わせたマーケティングの仕組みが必要です。自社のシステムにフィットした見込み客育成=リードナーチャリングの仕掛けを、お客様と一体となって作りこみます。

特徴2

企画フェーズから運用フェーズまでワンストップで対応し、最新の情報を 社内で共有できる見込み客データを運用します。需要育成(ナーチャリング)のためにWebやE-mailを活用します。

特徴3

育成のタイミングをみのがさず、「迅速に」営業部隊が動ける仕組みを構築します。