生産性改善(リーンシックスシグマ、OODA、TOC)コンサルティング

生産性後進国日本?

日本企業の生産性は世界的にみると大きく遅れている、という客観的な事実があります。

「え?なんで?だって世界的に強いトヨタ自動車や、ものづくりで断トツトップの企業もいっぱいあるじゃない」という反論もありますが、下のデータをご覧ください。

 

出所:日本生産性本部『労働生産性の国際比較2018』

 

なんと21位という事実。トップのアイルランドと比べると生産性は日本は半分しかない、とう事実です。

「サムスン」「現代」という超メガ企業を国策で支え、その企業の収益で国が回っている韓国との差はあまり大きくない、ということがむしろ現在の日本の危うい状況を示しています。

 

働き方改革で生産性はどんどん下がる?

それでも、なんとか今の生産性を維持するために日本企業は残業によって不足分を補ってきました。しかし、ここ数年「働き方改革」を政府が推進しており、時間外労働、休日出勤などができにくくなっているのが事実。今後は、時間外勤務ができなくなった部分、企業の稼ぐ力がその分低下し、収益が悪化。従業員も、いままでもらっていた時間外勤務手当もカットされ、消費も冷え込む、という悪循環のシナリオが想定されています。

今の時代に合った生産性改善というものが必要とされています。

 

生産性改善ツールの3大巨頭  「リーンシックスシグマ」「OODA」「TOC」

これまでも、今も、生産性改善ツールというものはたくさん存在します。しかし、その中で長く、多くの企業に導入されてきたふたつのツール、そして今注目を集めているツール、当社では3つのツールを最強とみなしています。

 

リーンシックスシグマとOODA、そしてTOCです。

 

 


 

リーンシックスシグマ

 

リーンシックスシグマ連載記事

リーンシックスシグマとは?

リーンシックスシグマの進め方

SIPOC分析について

バリューストリームマップを作成する

DMAICの概要

DMAIC:ステップ1 Define(定義)

DMAIC: ステップ2 Measurement (計測)

DMAIC: ステップ3 Analysys (解析)

DMAIC:ステップ4 Improve(改良)

DMAIC:ステップ5 Control(管理)

 

 

リーンとは「トヨタ式生産方式」のことです。

シックスシグマは1980年代にアメリカで開発された改善手法です。

シックスシグマを大きく発展させたGEが、「トヨタ式生産方式」をとことん追求し「リーン」という手法に発展させ

この二つを合体させました。2010年代になってようやくその情報は日本に届くようになりました。

その間アメリカでは多くの企業がこの手法を取りいれ、生産性を大きく改良しました。

 

リーンシックスシグマ導入支援

生産性向上を目的としてリーンシックスシグマを導入検討されている企業様を支援させていただきます。

 

リーンシックスシグマ ブラックベルトセミナーのご案内

生産性改善をめざす企業様の社内シンクタンク設立のお手伝いとして人材育成セミナーを提供しております。

 


OODA

OODAループとは?

アメリカの軍事戦略家であるジョン・ボイド氏が発明した、不透明な状況で成果を出すための意思決定方法です。よく知られているPDCAが決まりきった業務の改善に向いているのに対して、OODAは経営戦略や新規事業開発などの難しい業務に向いています。当社の事業戦略もOODAを回すことによって成長を維持しています。

 

OODA導入支援

弊社では、これらのツールの導入を支援しています。導入についてご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

OODAループセミナー

当社では、生産性改善をめざす企業様にOODA人材育成セミナーを提供しております。


TOC

エリヤフゴールドラットが提唱したTOC(制約条件理論)は非常に優れた論理ツールです。世界中で導入されていますが、弊社ではリーンシックスシグマと複合で導入し、大きな成果を上げています。

 

TOC連載記事

TOCについての一考察

 

TOC導入支援

弊社では、これらのツールの導入を支援しています。導入についてご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。