コーチング

なぜコーチングが必要なのか

知っているとできるの決定的な違い

 

エグゼクティブをはじめ、数多くのビジネスパーソンがコーチングを活用しています。

 

なぜコーチングは必要なのか?

それは「知っていることとできることは違う」を体得するためです。。

新しいことに取り組むときに、情報を集めたり、学んだりしますが単に情報をインプットしただけではできるようにはなりません。

できるようになるためには、インプットした知識を自分に合わせてモディファイして、今までのやりかたを変えたり、悪習慣になっている取り除いたりと、多くのことに取り組む必要があります。

特に、「副作用」は厄介な問題です。これを取り除くのは一人ではできません。

 

これらの難しい事象が”知っていること”と”できること”の間にたちはだかっています。

コーチングでは、マンツーマンの対話の中でこの壁を壊すために必要な「戦略思考」や「問題、副作用の解決」、「正しい目的の設定」等を見つけていくことができます。

全部マンツーマンセッション

コーチング期間は「マスター」「アプレンティス」の徒弟関係を結び、密なコミュニケーションを取ります。ただし、マスターは「サジェスチョン」のみを提示します。「解決法」はアプレンティスが自ら見出します。

 

契約期間は最長1年

課題が何であれ、契約は1年で終了します。継続はございません。

多くのアプレンティス候補が次に待っています。状況によってはお待ちいただくこともございます。