BIコンサルティング

 

「Tableau」「Power BI」といったBI(Business Intelligence)ツールはビジネスの情報をわかりやすく直感的で理解するための合理的なツールです。さらにこのツールとリアルタイムでデータを処理するデータベース(DWH:Database Warehouse)と連携することで、今まで月単位でかかっていた月次の経理データ・財務データをほぼ日次ベースでモニタリングすることが可能です。当社ではパートナー企業様と連携し、BIツール「Tableau」の導入を積極的に支援しています。

弊社では、クライアント様のニーズに合わせたBIツールの導入から展開までを綿密にフォローします。BIツールの使い方だけでなく「これってどういうこと?」という疑問を掘り下げて本質(インサイト)にたどり着くまでのテクニック・スキルをお伝えし、仕組化をお手伝いします。

 

導入シナリオ

ヒアリング

まず、クライアント様をご訪問し現状分析をヒアリングを実施いたします。その中で、経営の資料としたいKPIの設定を行います。状況によっては現場にも入らせていただきます。ご予算。導入期間もお伺いします。

 

導入シナリオご提案

ヒアリング内容に基づき、クライアント様に最適のプランをご提示します。

 

BIツールセミナー

クライアント様の社内にBIツールを使いこなせるアナリストの育成が第一歩です。教材であるデータベースを使って、アナリストに必須のビューおよそ10種類の作成方法、また作ったビューから「これってどういうことなんだろう?」という経営陣の質問に答え、本質にたどり着くまでのビューの切り口の考えかた掘り下げ方を徹底的に指導します。

BIツールは「Tableau」「Excel」にて承ります。

対象者:従業員

 

フレームワークセミナー

アナリストが提示したビューを見て、掘り下げたい課題にたどり着くためには、事実を俯瞰して本質を見抜く思考能力が求められます。ここでは、SWOTなどのフレームワークを学びます。御社の実データを使って作成したフレームワークはそのまま御社の経営企画の資産となります。

対象者:幹部職・役員

 

経営変革導入支援

アナリスト、幹部職がそろい、会社のデータを掘り下げていき、経営の「今」を鋭い切り口で抽出します。まずは、教材のデータベースを使って「模擬経営会議」をおこない、教材のモデルの会社に今何はおこっているかをビュー、ダッシュボードを作って議論します。

次に、クライアント様の実際の経営データを使い、アナリストは幹部職の支援役となり会社の今をビュー、ダッシュボードを使ってあぶりだします。

 

定着支援

この取り組みは常にサイクルとして回していく必要があります。そのためのフレームワークの導入を支援します。成熟産業である程度販売するものがパターン化している場合はPDCAサイクル・新規事業などこれまで例がない場合はOODAループをご提案します。

 

 


Tableauとは

データのビジュアル分析をすべての人に!
Tableauはデータ分析・ビジュアル化を簡単スピーディーに行えるBIツールです。

・直感的な操作

・豊富なグラフィック

・優れたデータベースアクセス

誰でも、簡単に「目を引く」素敵なビューグラフを作ることができます。明日のプレゼンが待ち遠しくなりますよ。

 

Tableauの特長

 

簡単な準備で使用可能

手持ちの様々なデータソースに対応

対応可能なデータ

  • 各種データベース
  • ファイル
  • クラウドサービス

 

簡単操作でデータをビジュアル化

直感的なドラッグ&ドロップ操作ですぐにビジュアル作成

操作画面