データ型と変数の型の宣言

皆さんこんにちはALEXです。今回はデータと、変数の方の宣言についてご説明します

値を扱う場合にデータ型と言うものがあります。数値と文字列が代表的なものです。数字の「0」などは、数値として扱う場合も、文字列として扱う場合もありますね。

データ型

VBAで取り扱うデータ型は以下のものが挙げられます

データ型

表記

範囲

文字列型

String

文字列

整数型

Integer

-32,768~32,767の整数

長整数型

Long

-2,147,483,648~2,147,483,647の整数

単精度浮動小数点型

Single

-3.402823E38~-1.401298E-45
1.401298E-45~3.402823E38

倍精度浮動小数点型

Double

-1.79769313486231E308~-4.94065645841247E-324
4.94065645841247E-324~1.79769313486232E308

通貨型

Currency

-922,337,203,685,477.5808~922,337,203,685,477.5807

日付型

Date

西暦100年1月1日~西暦9999年12月31日

ブール型

Boolean

True または False

バイト型

Byte

0~255の正の整数

オブジェクト型

Object

オブジェクト参照するデータ型

バリアント型

String

あらゆる種類の値を保存できる型

ユーザー定義型

String

ユーザー定義の型

データ型には色々な種類がありますが、文字列、数値、日付、ブール、オブジェクト、の5種類が代表的です。また、数値は整数の他に浮動小数点型、倍精度浮動小数点があります。通貨型は大きい数値を精度よくなく計算するために使います。

 

変数の宣言と型の指定

変数は宣言して型を指定することができます。以下の構文を用います。

 

Dim 変数名 as データ型

 

変数名の後に「as」を付け、その後にデータ型を指定します。例えば次のようになります。

例えば次のようになります。

 

変数に指定した型と異なるデータ型の値を格納しようとするとエラーとなります。

 

上記のマクロを実行しようとすると次のようなエラーが表示されます。

数にデータ型を指定することと、プログラマの意図しない使い方をユーザーがしないようする事が出来ます。変数には型を指定するようにしましょう。

 

型を指定していない場合は、どのような型の値でも格納する事が出来ます。この場合、値が格納された時にその格納された値の型が変数の型となります。

変数に型を指定していないと、想定と違った値を格納してしまうようなミスが起こりやすくなります。例えば文字を格納する予定の変数を宣言したのに、間違えて数値を格納しても、値を格納した時点ではエラーにならないからです。

 

まとめ

変数の宣言と型の指定についてご説明しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です