Subプロシージャ

みなさんこんにちはALEXです。前回の記事でマクロを作成して実行しましたが、ここで作成したプログラムはプロシージャと呼ばれ、実行する単位ごとに記述します。ここでは、プロシージャをご説明します。

プロシージャの構文は下記ととおりです。

 

プロシージャは「Sub」で始まり「End Sub」で終わります。この間に実際のプログラムを記述していきます。プロシージャことに保存するため「Subの」後ろにプロシージャ名を記述します。ですので、前回の記事のプログラムのプロシージャはMacro1です。

プロシージャ名にはアルファベット、ひらがな、漢字などが使えます。数字も使えますが、プロシージャ名の先頭は必ず文字を使います。アンダーバー以外の記号やスペースなどは使えません。

正しいプロシージャ名:

 

誤ったプロシージャ名:

 

 

プロシージャの記述場所

プロシージャはコードウィンドウ内に記述します。

 

プロシージャの呼び出し

記述したプロシージャをマクロとして実行する事ができます。

開発―マクロ 実行したいプロシージャを選択し、実行

「test」プロシージャが呼び出され、「test」プロシージャ内に記述されたプログラムが実行されます。

まとめ

今回はVBAのプログラムの単位であるプロシージャについてご説明いたしました。

 

 

エクセルマクロVBA作成に困ったら

VBAのコードがわからず検索してもなかなかいいコードが見つからない、そんんなお悩みはございませんか?開発委託・コンサルティング・ワンポイントサポートいたします。お気軽にどうぞ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です